アトリエの出来事、日々のこと
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
蜜蝋のお話
 


6月のレッスンも詰まってきています。
 
日時が限られる方、ご予約はお早めに!!
 
 



蜜蝋のこと
 
 
毎年夏になると、高知の夜須から蜂の巣が届きます。
それをアトリエで精製しミツロウを取り出す作業をするのが
今年でもう4年目になります。
送っていただだいている蜂の巣は貴重な日本蜜蜂のものです。
 
一般の養蜂は西洋蜜蜂で家畜になります。
現在、減少が危惧されている日本蜜蜂は、
自然溢れる山の中の岩穴や木の穴に巣を作ります。
 
巣の作りが西洋蜜蜂と日本蜜蜂では全く違うこと
日本蜜蜂のほうが、少し西洋蜜蜂より小さくなります。
 
そんな蜜蜂の貴重なお話を、
先日、養蜂家さんから
聞かせていただきました。
 
 
 
西洋蜜蜂の巣
私は素手で持たせてもらいました。
ハチミツが詰まっていてずっしり重かったです。
蜂さんにも機嫌があって、天気や気温、時間で変わるそうです。
 
この日は、ポカポカ陽気の快晴、蜂さんの機嫌のいい午前中だったので
ネットも何もかぶらず、蜂がブンブン飛び交う中、
このシートを持っていますが、射されませんでした。
 
巣をやさしくゆっくり丁寧に扱うと、その巣の蜂達はおだやかな蜂に
手荒く扱うと、気の短い蜂になるそうです。
生き物はみんな同じ。


分けていただいた蜂の巣は、巣虫もおらずきれいなもので
山桜のハチミツがいっぱい残っていたので、
生徒さん達と、舐め舐めさせていただきました^^
ほんとにおいしいハチミツでした。


こちらを精製してとれたのが、こちらのミツロウ
わずか50gほど・・・・貴重です。

働き蜂達の寿命は1年もありません

こんな小さな動物達が一生懸命
働いて生み出す産物だから
ミツロウの灯りはやさしくて
あたたかい。

大事に大事に使いたいですね。